日々の出来事や思ったことを、割とそのまんま書いただけのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

スタッフという仕事

某所までLiveを観に行きました。
ライブハウスでなく、ライヴ・レストランってやつ。
ビシッとキメたスタッフさんが大勢いて、ドレスコードも多少あったりして。

Liveは本当に素晴らしかった。
巨大な音の弾丸に頭を撃ち抜かれたような衝撃でした。
自分が目指しているものが目の前にあるのに、すぐ目の前にあるのに、全く手が届く気がしない。
遥か高みですよ。雲の上って表現がまさにそう。高すぎて全く見えない。
はぁー
凄いです。凄すぎて笑いました。
最高のLiveでした。


そしてやっぱり残念だったのが、スタッフ。
ライヴ・レストランで、見るからに立場的に偉そうな(一際しっかりとしたスーツに身を包んだ)スタッフって、
なんで見た目通り偉そうなんだろうか。客に対しても。
都内の某ライヴ・レストランでも、なんか凄ぇ偉そうな態度で、何度も嫌な思いをした店があります。
なぜだ?
なぜお前らはそんなに偉そうなのだ?


横道逸れまくるけど、この際だから書いておこう。
昨年から、スタッフ、というやつの存在が物凄く気になっています。
ライブハウス。俺は仕事とは別で、バンドでLiveもやったりするので、ライブハウスにも出演することがあるが、ここでもイラっとくるスタッフに出会うことが少なくない。
まず、ブッキングマネージャー。
自分がブッキングした日に来ない。
自分でブッキングしといて、その日が来る前に退職する(意味不明
イベントが決まるまでは、出られますか?と凄ぇ催促するくせに、決まったらパタッと連絡が来なくなる。Liveギリギリまで詳細来ない。詳細を聞いても返事無し。
もちろん、俺の知ってる方でも真面目にやってらっしゃる方は大勢います。
ただ、基本的にやつら、メールの返事が遅せぇ。
あと、やっぱり偉そうなやつが多い。実際偉いんでしょうけど。知らんわ。

それからPA。
こっちが挨拶しても返事が無い。
セッティング。ダルそう。マイクスタンド立てながら、ダルそう。途中まで用意したマイクスタンドを「これ、自分でやってもらっていいっすか」と言ってポイっと放置しダルそうに立ち去る。最初から「こちらマイクスタンドなんで、お願いしまーす」とか言ってくれれば全部自分でやりますよ。
サウンドチェック、こっちがなんか言っても反応薄い。コミュニケーション取りづらい。ってかダルそう。基本ダルそう。
あとステージ中、明らかにそっちのミスで、大事な場面にハウりやがったのに終わった後何も無し。なんか一言無ぇんかい。
ライブハウスのPAってなんでコミュニケーション取れない人が多いの?
スタッフと出演者の連携が無かったら、いいもんはできないんですよ。


ちょっと横道逸れたけど、今日は客として行きました。
スタッフが、不快でした。もちろん他のスタッフさんはとても丁寧な対応でした。ただ、その偉そうなやつが偉そうな態度だったんで、印象が凄ぇ悪くなった。そういうのが一人いると、全体の印象が悪くなるのよ。
そして"Liveを観に行く"ということに、また少し抵抗を感じるようになりました。
これって凄く残念だし、そんなことで客足が遠のくなんて、こんなバカな話は無い。

真摯にやれよ。
誠意をもってやれよ。


ライブをやる側の人間である俺が、不快に感じている。
ライブを観に行く側の人間でもある俺が、不快に感じる。

お前らはそんな態度で音楽の仕事に携わってて恥ずかしくないのか?
その場所でLiveをするための土台ともいえるお前らがそんなんじゃ、ダメだろ。

俺は一演奏者として、スタッフさんと力を合わせて良いステージを作りたいだけなんだけど。
来てくださるお客様に、素敵な空間と夢のような時間を過ごしていただきたいだけなんだけど。

それってそんなに難しい事ですか。
ダメっすか。俺の事嫌いですか。

ってか

・・・俺は誰と戦ってるんだ(ポカーン

疲れた。もう寝る。
関連記事
2013-04-06 : 人間だもの : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

ゴーシュ

gauche

Author:gauche
島田直道(しまだ なおみち)

トロンボーン奏者。
サルサなどのラテン音楽を中心に活動中。EL COMBO CREACION(コンボ・クレアシオン)/アコースティックおちゃめ楽団RORO


【Information】

出演情報

各詳細はこちら



CD参加作品

『アイウエオキナ』
aiueokn
アーティスト:翁鈴佳
発売日:2010年9月17日
販売元:VIVID MUSIC
価格:¥2,000

『Qualtz Tu Ritmo Caliente』
qtrcj
アーティスト:Qualtz
発売日:2010年9月4日
価格:¥1,200

『ビッグバンド★ジブリ』
bbgbl
アーティスト:AKBB
発売日:2010年7月7日
レーベル:P-VINEレコード
価格:定価2,100円(税込)

『LOVE&LOVE』
oknrik_lyl
アーティスト:翁鈴佳
発売日:2011年10月26日
販売:EMI Music Japan
発売:Webkoo
価格:¥1,500(税込)

『Buena Suerte ! - Good Luck !』
qltz_bsgl_jc
アーティスト:Qualtz
発売日:2012年2月26日
価格:¥1,500(税込)

『おぞまCD』
ozmcdjct
アーティスト:RORO
発売日:2012年6月6日
価格:¥1,000

『天井』
tj
アーティスト:樋口舞と天井桟敷アンサンブル
発売日:2013年10月02日
規格品番BRTW-1003
レーベル天井レコード
価格:定価¥2,500

『Masayo with Tokyo Latin All Starts Live at Star Pine's Cafe』
msywtlocd
アーティスト:Masayo
発売日:2013年10月6日
価格:¥3,000(税込)

『Live At Planet K』
amndcstlatk
アーティスト:AMANDA COSTA(アマンダ・コスタ)
発売日:2013年12月22日
LABEL:Floral Records/OFFICE AMANDA
価格:¥3,000(税込)

『Joculator』
ysct_jcltr
アーティスト:Yascotti
発売日:2014年1月23日
価格:¥2,500(税抜)


【その他】
そういえばすっかり忘れてたけど、3月に携帯無くした件

カレンダー(月別アーカイブ)


06 ≪ 2018/0708
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。