日々の出来事や思ったことを、割とそのまんま書いただけのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

まずは健康管理

胃腸炎から復活したと思ったら今度は風邪。
一度崩れるといろいろ弱くなりますね。
体力も落ちるし。

演奏するのに体力って大事だよなーとよく思います。
長時間のリハーサルや本番で、最後の最後まで集中力を切らすことなくやりきる力というか。
持久力って言ってもいいのかな。

特に俺の場合、体力的にハードな現場が多いので、その辺強化しないとキツいなぁと感じます。

ってか、まずは健康管理な。



スクールブログ更新しました。

vol.3「ロングトーンで音を磨く」
https://cyta.jp/trombone/b/49782
スポンサーサイト
2014-12-20 : 音楽のコトとか : コメント : 0 :
Pagetop

11月を振り返りつつお知らせを、3つ

最近地味に、バタバタと過ごしています。
やる事が多いと脳が常に活性化してるからインプットの吸収率も上がるしアイデアもいろいろ出る。
ただ、どれも割と後手後手。来月は巻き返したい…!!

今月も楽しい事、刺激的な事、ちょっと緊張するような場面、様々な経験をさせていただきました。
で、例によって写真とかほぼ撮ってないので、2枚だけ。

141109roro 141109ecc
左はROROで『三茶三角博覧会vol.7 三茶路地裏 肉祭り』というイベントに出演した時の模様。
内容はタイトルの通り…三茶の路地裏でライブを楽しみながら肉を食べましょう、というもの 笑
日曜ということもあり親子連れの方も沢山いらしたので、ROROのレパートリーの中でも優しい雰囲気の楽曲を中心に演奏しました。
右は毎月恒例 六本木パライソでのコンボ・クレアシオンLiveの時に撮った俺の立ち位置。
ここが「俺の職場!」っていうスペース。笑
マイクはトロンボーンではなくCoro(コロ=コーラス)用。
クレアシオンやった後は毎回声枯れてます。


そして今日はお知らせが3つあります。

まずは、先月から音楽理論Webマガジン「サークル」で連載させていただいているラテン音楽講座のvol.2が更新されました。
【ラテン音楽講座Vol.2】サルサってどんな音楽?
http://circle.musictheory.jp/?p=6456
この記事は月一更新ですので、もしよければ毎月読んでいただけたら嬉しいです。
他の方が書いてらっしゃる連載やコラム、対談記事などもとても面白くて読み応えあるのでオススメですよ!!


もうひとつはレッスンについてです。
これまでも個人レッスンをしていたのですが、この度Cyta.jpというところでトロンボーンの講師をやらせていただくことになりました。
「島田直道のトロンボーン講座」
https://cyta.jp/trombone/s/shimadatrbkouza/

こちらでも、スクールブログというのを書いています。
https://cyta.jp/trombone/b/school/8015
月1、2回更新を目安に、楽器や音楽について記事を書く予定です。


最後にライブ告知です。

サルサバンド「コンボ・クレアシオン」のライブがあります。
パライソ以外での演奏は久しぶり。皆さまのお越しをお待ちしております。

11月29日(土)
ONE OAK BAR
東京都港区西麻布4-2-2 2F
【時間】19:00 open/(1st)20:30~21:30/(2nd)22:00~22:50
【料金】2,500円(1drink付き)
http://www.one-oak-bar.com/
2014-11-27 : 音楽のコトとか : コメント : 0 :
Pagetop

お知らせを、ふたつ

お知らせを二つほど…

この度『ラテン音楽講座』というものを連載させていただくことになりました。

↓こちらからご覧いただけます。

日本初の音楽理論Webマガジン:サークル 【CIRCLE】
http://circle.musictheory.jp/


数年前から仕事でお世話になっているジャズピアニストの金子将昭さんが編集長をやってらっしゃるウェブマガジンで、実は僕も以前からこちらのサイトの読者でした。
何か新しい物事を始めるきっかけっていうのは不思議なもので、よし、やるぞ!と構えている時ではなく、なんでもない瞬間に訪れるというか。
今回こういった貴重な機会をいただけたので、少しでもいいものを皆さんにお届けできるようにこれからも頑張っていきたいと思います。


そしてもうひとつ。
今年の3月にROROがグランプリを獲得したgetstageでのコンテスト。
今月から、また新たなコンテストが始まり、今回もROROがエントリーしております。
https://buzz.getstage.com/music-award2014/artist/1560

皆さんがお持ちのTwitterとFacebookのアカウントから、一日1回2票ずつ(毎日)投票が可能です。
どうぞ応援よろしくお願いいたします。

で、コンテストへの意気込みやらなんやらをROROのリーダーキャプテン“孫ゴトゥ魔太郎”が書き綴ってくれましたのでこちらもぜひご覧くださいませ。

ろろえもんず劇場「投票コンテスト参加決定!」
http://bokuroro.blog104.fc2.com/blog-entry-338.html

今回もグランプリ獲りてぇなぁ…


141026umgok
今日は小田急線某駅にてハロウィンパレードの先頭で演奏しながら街中練り歩いてきました。こういうの、大好き!
写真は駅前に飾ってあったやつ。
昨日は渋谷でライブでしたが、駅を一歩出たら仮装してる人たちでごった返してて驚きました。
そういう季節か。。。
2014-10-26 : 音楽のコトとか : コメント : 0 :
Pagetop

2ヵ月放置したので、いろいろ

2ヵ月放置しました。
ご無沙汰しております。生きてます。

この秋は、昨年と同じく、また1ヵ月間東京を離れ某所で仕事をさせていただいておりました。

いきなりだけど、今住んでるところ一応埼玉なんですよ。
こういう場合やっぱり「埼玉を離れ~」って書くべきですか。
1ヵ月滞在したのは西日本なんですけど、東日本を離れてっていうニュアンスで「東京を離れ~」って言ってるんだけど。
ダメすか?やっぱダメすか?
なんかね、引越してもう9ヵ月になりますが、まだ埼玉に住んでるって実感が無いのよ。
引越した時の日記にも書いたけど、都県境なんでほぼ東京なのね。
面倒だから、もうこのまま「東京」って言い続けていいですか?
いや、寧ろ「TOKYO」で。
じゃあ、そんなカンジで決定ね。


TOKYOに戻ってからすぐに、ずっと楽しみにしていたライブがありました。

『EDDIE PALMIERI SALSA ORCHESTRA@BLUE NOTE TOKYO』
141002_bnep

メンバー 一人一人が放つオーラの凄まじさが半端ねぇっす。
圧倒的な音圧と、強力なアンサンブル。
これぞサルサだ!!というステージでした。

トロンボーンのお二人も最高でした。
まずは言わずと知れたサルサ界のスーパースターJimmy Boschさん。
ジミーさんに久しぶりにお会いできるのが今回なによりの楽しみでしたが、開演前の会場内でジミーさんを見つけ駆け寄ると「ナオミチ サーン!」と両手を広げていつもの素敵な笑顔を見せてくださったものですから、もうキューーーン☆ですよ(違
この日はなんとトロンボーンの立ち位置が目の前という席で聴けたので、いつも通りのメチャメチャ太い音をこれでもかと浴びてきました。

そして初めて生で演奏を聴けました、Doug Beaversさん。
パリッとした音圧のある音から、柔らかく繊細(しかも太く豊か)な音まで、抜群のコントロールで驚異的な演奏でした。
一発でファンになってしもた。

今回のライブを観て、サルサのトロンボーンはかくあるべし!と思いました。

遠い道のりだな…

毎日一歩ずつ、地道に頑張ります。

と思うじゃん?

9月に29歳になりまして、ついに20代最後の一年が始まりました。
というわけで、30代に向けてここらでドーーーーーーーーーーーーーーンと加速したいと思っています。

突っ走るぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2014-10-08 : 音楽のコトとか : コメント : 0 :
Pagetop

RORO@渋谷O-nest

おちゃめ楽団RORO@渋谷O-nest

お越しいただきありがとうございました!

↓ROROのブログ【ろろ劇】の記事貼っときます。

「2014.8.12. 渋谷O-nest 演奏会終了」
http://bokuroro.blog104.fc2.com/blog-entry-322.html

140812onst

ステージ前に柵が無かったんで『天界のパレード』の間奏で思わず降りちゃったの図。

他にも演奏会当日の写真が沢山あります。
ROROのFacebookページをちぇーっく☆
アカウントをお持ちの方はぜひページに「いいね!」もお願いします!
2014-08-13 : RORO : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

ゴーシュ

gauche

Author:gauche
島田直道(しまだ なおみち)

トロンボーン奏者。
サルサなどのラテン音楽を中心に活動中。EL COMBO CREACION(コンボ・クレアシオン)/アコースティックおちゃめ楽団RORO


【Information】

出演情報

各詳細はこちら



CD参加作品

『アイウエオキナ』
aiueokn
アーティスト:翁鈴佳
発売日:2010年9月17日
販売元:VIVID MUSIC
価格:¥2,000

『Qualtz Tu Ritmo Caliente』
qtrcj
アーティスト:Qualtz
発売日:2010年9月4日
価格:¥1,200

『ビッグバンド★ジブリ』
bbgbl
アーティスト:AKBB
発売日:2010年7月7日
レーベル:P-VINEレコード
価格:定価2,100円(税込)

『LOVE&LOVE』
oknrik_lyl
アーティスト:翁鈴佳
発売日:2011年10月26日
販売:EMI Music Japan
発売:Webkoo
価格:¥1,500(税込)

『Buena Suerte ! - Good Luck !』
qltz_bsgl_jc
アーティスト:Qualtz
発売日:2012年2月26日
価格:¥1,500(税込)

『おぞまCD』
ozmcdjct
アーティスト:RORO
発売日:2012年6月6日
価格:¥1,000

『天井』
tj
アーティスト:樋口舞と天井桟敷アンサンブル
発売日:2013年10月02日
規格品番BRTW-1003
レーベル天井レコード
価格:定価¥2,500

『Masayo with Tokyo Latin All Starts Live at Star Pine's Cafe』
msywtlocd
アーティスト:Masayo
発売日:2013年10月6日
価格:¥3,000(税込)

『Live At Planet K』
amndcstlatk
アーティスト:AMANDA COSTA(アマンダ・コスタ)
発売日:2013年12月22日
LABEL:Floral Records/OFFICE AMANDA
価格:¥3,000(税込)

『Joculator』
ysct_jcltr
アーティスト:Yascotti
発売日:2014年1月23日
価格:¥2,500(税抜)


【その他】
そういえばすっかり忘れてたけど、3月に携帯無くした件

カレンダー(月別アーカイブ)


09 ≪ 2017/1011
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。